詳解!これを読めば学資保険が全部わかる!FPが教える4つの特徴

待ちに待った新しい家族の誕生。

赤ちゃんは無条件にかわいいですね。

同時に、親として、「幸せになってほしい」「充実した人生を送ってほしい」と願うものです。

そんな時気になるのが、教育費です。

その備えに役立つ備えといえば、学資保険です。

赤ちゃんの成長と共に教育費も大きく育つと安心ですね。

学資保険の仕組みや特徴から、加入時期、ベストな契約方法、どんな税制メリットがあるのか調べてみましょう。

  • 学資保険とは~その仕組みと4つの特徴を解説!
  • 学資保険はいつから入るのがベスト?
  • 学資保険の払い込み期間と年齢別シミュレーション
  • 学資保険も年末調整でおトクに? 書き方と3つの注意点
  • 学資保険の受取人は誰がいい?
  • 「万が一、が起こってしまった」その時慌てない注意点

学資保険とは~その仕組みと4つの特徴を解説!

学資保険とは、教育資金を準備するための保険です。

「えっ? 保険って、あの“生命保険”とか、“がん保険”と一緒なの?」とびっくりされるのも、ごもっとも。

子供の教育費を考えようとしているのに、いきなり病気の話をされたら驚きますよね。

学資保険は、保険の仕組みを使って、将来の子供の教育資金を準備しようとする商品です。

かの福沢諭吉先生は、保険を「一人の災難を大勢が分かち、わずかの金で大難を逃れる制度(日本損害保険代理業協会HPから引用)」とおっしゃっています。

学資保険は、赤ちゃんの保護者の方(契約者)に万が一の場合は、その子の教育資金が確保できるように保険料の支払いが免除となる保障があります。

その後、契約した時期が来れば、教育資金を受け取ることができる貯蓄型の保険なのです。

学資保険の特徴は、主に4つあります。

  • 受け取る時期が設定できるので、教育資金を計画的に準備できる。
  • 長期にわたって積み立てることができるので、貯蓄性が高い。
  • 契約者(親等)が万が一の場合は、支払い免除となる保障がある。
  • 税制上の優遇がある。

次項から、契約時期や契約時の注意点、税制上の優遇などの特徴を確認してみましょう。

学資保険はいつから入るのがベスト?

加入時期は、ズバリ「早ければ早いほうが良い」と言われています。

というのは、2つ理由があるのです。

1つ目は、契約者の年齢です。

多くの場合に赤ちゃんの保護者である父親が契約者になりますが、保険の契約者は、若い人ほど健康上のリスクが低いと考えられ、保険料が安く設定されています。

というわけで、早く契約するほど父親の年齢が若く、保険料を抑えることができますね。

2つ目は、保障期間を長くできるからです。

学資保険は赤ちゃんの妊娠中(出産の140日前から)から加入することができます。

出産前でも、契約成立と共に保障が始まることになるのです。

万が一、妊娠中に契約者である父親が死亡または高度障害(所定の)になった場合は、それ以降の保険料の払い込みが免除されます。

子供の18歳の誕生日など、契約で定めた時期が来れば保険金が支払われます。

出産後は何かとバタバタして、じっくり教育資金を考えることや契約のために保険会社と相談するなどの時間が取りにくいものです。

特に初めての出産の場合は、育児自体が初めて続きで、なかなかまとまった時間が取れないと言われています。

出産前の妊娠中は、ゆったり時間を取って出産の準備をしたり、赤ちゃんとの生活を夢見たりできますね。

教育資金を考えて、学資保険を契約するのに最適な時期の一つといえるでしょう。

また、お子さんの年齢が7歳~8歳で加入できなくなる学資保険もあるようです。

早目の取り組みが重要になります。

学資保険の払い込み期間と年齢別シミュレーション


先ほどは、「学資保険の加入は早ければ、早いほど良い」とお伝えしました。

そこで、「加入年齢で、保険料に実際どのくらい差があるの?」と疑問に思われた方も多いことでしょう。

保険料の一例をお示ししましょう。

ソニー生命保険が運営する「学資金準備スクエア」から、年齢別の保険料を比較してみましょう。

学資金を18歳で受け取る契約で、赤ちゃんが2018年4月3日生まれの男の子の場合、無配当タイプ、18歳満期で毎月払い、18歳まで払い込みが条件です。

契約者(父親の年齢) 30歳 35歳 40歳
毎月の保険料 9,080円 9,140円 9,200円
総払込金 1,961,280円 1,974,240円 1,987,200円
払い戻し率※ 101.9% 101.3% 100.6%

※払い戻し率とは、払った保険料に対して、どのくらい保険金を受け取ることができるかの率で、高い数字の方が、有利に運用する保険と考えることができます。

受け取る予定の保険金総額÷保険料総額×100で求めることができます。

学資保険の4つの特徴でも触れましたが、学資保険は払い戻し率が100%を超えていますので、貯蓄性も期待できますね。

この見積もりの場合、お子さんの年齢が「0歳から18歳まで」保険料を支払う設定ですが、払い込み期間を「0歳から10歳」までなどと短期に設定すると、保険金の運用期間が長くなる分、払い戻し率を高くすることができます。

注意点としては、払込期間を10年などの短期に設定すると、同じ条件の学資保険の場合、父親が30歳の保険料は月に15,900円となります。

中途解約をすると、払い戻し率が100%を切って“元本割れ”する可能性もありますので、掛け金の支払をしても、家計に余裕を持てる範囲の契約がおススメです。

学資保険の受取人、誰にするのがベスト? 契約で税金が変わるってホント?


生まれたばかりの赤ちゃんの学資に備える学資保険。実は、契約時に注意が必要です。

学資保険の受取人を誰にするかで、満期保険金に係る税金が大きく違ってくることがあるからです。

保険の契約では、契約する人=「契約者」、保険の対象となる人=「被保険者」、満期などで保険金を受け取る人=「受取人」の3者を決める必要があります。

この3者を誰にするかで、満期保険金が所得税の対象になったり、贈与税の対象になったりします。

詳しく説明していきましょう。

契約者が保護者の場合


一般的なのが、このパターンでしょうか。

親などの保護者が契約して保険金を払い、被保険者を子供にします。

受取人を契約者と同じ保護者にすれば、保険契約の祝い金や満期保険金は、一時所得となりますので、所得税がかかります。

所得税の場合、経費を差し引くことができ、利益が50万円以下の場合は非課税となります。

(国税庁:一時所得

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

具体的に計算してみましょう。

先ほどのソニー生命の場合では、「受け取り学資金総額が200万円」の契約が一番人気です。そこで、200万円を基準に考えてみましょう。

受け取り学資金総額200万円で、保険料払込期間が10年、払い戻し率108%の場合では、

受取総額200万円―払込保険料総額1,850,800円(経費になります)=149,200円

となり、利益は50万円以下なので、非課税です。

契約者が祖母や祖父の場合

かわいいお孫さんのために、学資保険をプレゼントしてくださるおじいさん、おばあさんもいらっしゃいます。

親としては、とてもありがたいお申し出ですが、受け取り学資金の金額によっては、贈与税がかかってきます。

契約者を祖父母(もしくは親戚など)として保険金を払い、被保険者を子供にします。

受取人を子供や子供の保護者にすると、受け取り学資金は贈与税の対象となります。

贈与税は、1年間の基礎控除が110万円ありますので、受け取り学資金の総額から基礎控除を除いた分に贈与税がかかります。

具体的に計算してみましょう。

先ほどと同じように一番人気のプランで考えます。

受け取り学資金総額200万円で、保険料払込期間が10年、払い戻し率108%の場合では、

受取総額200万円―基礎控除110万円=90万円(贈与税の対象)

贈与税は、200万円以下は10%の税率のため、

90万円 x 10% = 9万円

9万円の贈与税がかかることになります。

「え~、税金が9万円もかかるんじゃ、もったいないな」と思う気持ちもとても良くわかります。

ところが、契約全体からすると、支払に対して

149,200円(保険契約の利益)―9万円(贈与税額)=59,200円

の利益を得ていることになります。

贈与税を払っても、関係者全体としてはなかなかおトクなプラン。

家計に余裕があまりない子育て世代にとっては、大きな助けとなりますね。

契約時の契約者、被保険者、受取人についてまとめてみました。

「そんな何十年も先の話ばかりでは、あまりお得感がわかないな~」とおっしゃるあなた、実は毎年おトクになる制度があります。

次章で一緒に見てみましょう。

(国税庁:贈与税の計算と税率

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/4408.htm

学資保険も年末調整でおトクに?書き方と3つの注意点

契約者の設定で税金がかかったり、掛からなかったり、契約時に考えるべき注意ポイントがありました。

ここでは、「学資保険を契約すると、毎年控除が受けられておトク」になる方法と、書き方の注意点をチェックしてみましょう。

学資保険も「生命保険料控除」の対象だった!


お子さんの将来の学資に備える学資保険。

実は、年末調整で還付をもらえる「生命保険料控除の対象」になっています。

お子さんの保護者の万が一に備えるのが学資保険ですから、生命保険料控除の対象となるのは、当然ですね。

契約者が会社員など、給与をもらっている人の場合は、12月に出す「年末調整」で年間の支払保険料を申告して、還付金をもらうことができます。

また、自営業やフリーランスの場合は、翌年2月からの確定申告で申告して還付を受けることが可能です。

生命保険料には、「新契約(平成24年以降)」と「旧契約」がある!

ここで注意したいのは、生命保険料控除は、上限が5万円な点です。

生命保険料控除の対象となる保険料は、税制改正で、「新保険料・旧保険料」と2つの区分ができました。

この区分については、10月ごろ保険会社から送られてくる「生命保険料控除証明書」に記載されています。

契約時期が平成24年1月1日以降のものを新契約として、その保険料が新保険料です。

年末調整で保険料控除の計算をする際は、「保険料は、新か旧か?」に注意が必要です。

区分 各区分の控除額
一般の生命保険料控除額 新生命保険料に係る控除額 40,000円 →一番大きい金額
50,000円
旧生命保険料に係る控除額 50,000円
両方の適用を受ける場合の控除額 40,000円

(国税庁:生命保険料控除限度額の計算:https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/shotoku/05/76.htm

新・旧保険料控除の申告で、最大1万円の差が!


生命保険料は、大きな負担ですね。「年末調整でいっぱい戻ってくるといいな!」という期待は膨らみます。

ところが、前章でお伝えした通り、適用を受ける限度額が決まっています。

また、控除額の計算方法も国税庁が公開していますので、確認してみましょう。

ここで注意したいのは、新・旧保険料の控除額の関係です。

前章の表から分かる通り、新生命保険料控除の上限は3万円に対して、旧生命保険料控除は5万円が上限です。

もし、新・旧保険契約の保険料支払いがある場合は、旧保険料だけで生命保険料控除とすると、限度額が最大の5万円まで使えます。

ここは申告の際に自分で選択できるので、一番有利になる申告方法を考えてみましょう。

[新生命保険料に係る控除額](平成24年1月1日以降の契約の場合)

年間の支払保険料等の合計額 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,001円から40,000円まで 支払保険料等×1/2+10,000円
40,001円から80,000円まで 支払保険料等×1/4+20,000円
80,001円以上 一律40,000円

[旧生命保険料に係る控除額](平成23年12月31日までの契約の場合)

年間の支払保険料等の合計額 控除額
25,000円以下 支払保険料等の全額
25,001円から50,000円まで 支払保険料等×1/2+12,500円
50,001円から100,000円まで 支払保険料等×1/4+25,000円
100,001円以上 一律50,000円

(国税庁:旧生命保険料と新生命保険料の支払がある場合の生命保険料控除額:https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/shotoku/05/74.htm

「万が一、が起こってしまった」その時慌てない注意点

本当に起こってほしくないことですが、保護者だって人間ですから、「万が一」が起こってしまうこともあります。

保護者が亡くなったり、高度障害になった際。

また、離婚等で家族構成が変わった場合。

どんな手続きを行うのでしょうか。

学資保険も保険契約ですから、本来は「万が一」に備えるものです。

保護者が亡くなっても、離婚等で親権を失っても、かわいいお子さんの学資を確保することが本来の目的なのです。

まずは、いったん落ち着いたタイミングで、速やかに契約している保険会社に問い合わせをしましょう。

学資保険は、契約者である保護者が亡くなった場合は、亡くなった時期以降の保険料の納付が免除される契約になっています。

免責期間などを確認して、保険会社に問い合わせれば、その後の手続きなどを案内してくれます。

また、離婚等で契約者であるお父さんが親権を無くした場合、受取人をお子さんに変更しておくことをお勧めします。

お父さんを受取人のまま変更せずに置きますと、満期保険金はお父さんが受け取ることになります。

当初は「時期が来たら、子供の学費に」と思って契約していても、長い年月が経つと人の心は変わるかもしれません。

まして、まとまった金額の保険金受け取りとなると、他のことに流用したくなってしまうことも十分に考えられます。

「離婚したら、学資保険は受取人を子供に変更」と考えておきましょう。

以上、学資保険の契約方法から受け取りの税制、年末調整や万が一の場合まで考えてみました。

「貯める」機能と「備える」機能が充実している学資保険。

お子さんの誕生などのタイミングに、ご家族で検討してみてはいかがでしょうか。

夢が大きく膨らむ、楽しいひと時となるに違いありません。

<参照サイト>

保険とは – 日本損害保険代理業協会

www.nihondaikyo.or.jp/insurance/08.aspx

ソニー生命保険が運営する「学資金準備スクエア」

http://www.sonylife.co.jp/gakushi/

保険コネクト

https://hoken-connect.jp/columns/251/

国税庁関連ページ:文中に記載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です